我が家のリビングルームですが、ダイニングルームの隣りにあり、独立しています。

昔ながらの台所・居間のつくりです。



P1010710kur



ダイニングルームからの眺めです。

リビングルームとダイニングルームの間には壁があり、壁のほぼ中央に引き戸があります。



広々としたリビングダイニングルームに憧れていて、入居時のリフォームで、壁を取り除くことも考えましたが、

リフォーム業者さんに、

「冬は寒いよ。とりあえず、住んでみてから考えたほうがいいよ。」

と言われ、保留にしました。

(良心的なリフォーム業者さんでした。)



主人と2人暮らしで、日中は私ひとりなので、冷暖房費と冷暖房の効率を考えると、壁を取り除かなくて正解だったと思っています。





P1040532kur



我が家のリビングルームです。

リビングルームとおしゃれな言い方をしていますが、実は和室です。

周囲がフローリングで、畳が中央にはめ込んであります。

その畳をちょうど隠すように、中央にカーペットをひいています。





そんなリビングルームが、少しでもおしゃれに見えるように、私なりのこだわりポイントがあります。

そのこだわりポイントを紹介したいと思います。



◆ こだわりポイント 1 ◆

サイドテーブル、ランプ、額、クッションをシンメトリーに配置する。



P1020986kurr



私が訪問をしたことがあるアメリカのいくつかのお宅では、暖炉やソファーを中心に家具や置物がシンメトリーに配置されていました。

とてもおしゃれに見え、真似をするようになりました。





◆ こだわりポイント 2 ◆

家具や装飾品を低めに配置する。

ランプで縦のラインを強調する。



P1040554kur



ソファーは背が低めのものにしました。

額もソファーより少し高い位置で、壁の高さに対してほぼ中央になります。

低い位置の家具や装飾品のとなりにスタンドランプを置くことで、縦のラインが強調され、天井が高く感じられます。





◆ こだわりポイント 3 ◆

部屋全体で使う色を控えめにする。



P1040328kur



部屋全体で使う色を控えめにして、すっきり、シンプルに見えるようにしています。

部屋全体を、白、ベージュ、茶(ウッド)、グレーなど、アースカラーを中心にまとめ、サイドテーブルやスタンドランプのアイアン(黒、濃茶)で、部屋の印象を引き締めています。





◆ こだわりポイント 4 ◆

カーテンを白にする。

高さの低い窓も長いカーテンをつける。



P1020981kur



カーテンを白にすることで、部屋全体が明るくすっきりとした印象になり、部屋が広く感じられます。

この部屋のソファーに向かって右側の窓は高さ130㎝程の窓ですが、ソファーの後ろのカーテンと同じ200cmのものをとりつけています。





◆ こだわりポイント 5 ◆

サイドテーブルに、観葉植物や花を飾る。



P1030006kur



サイドテーブルには、観葉植物や生花を飾るようにしています。



P1040083kur



庭で咲いた花を飾っています。

部屋に緑があると、気持ちも穏やかになれます。



P1020372kur



庭で咲いた花でフラワーアレンジメントをしました。





◆ こだわりポイント6 ◆

ケーブル・配線をすっきりさせる。

家電のケーブルはすべて隠すようにしています。

(ケーブルの隠し方については、また、書きたいと思います。)

ケーブルを隠すと、見た目がすっきりするのと、掃除がしやすくなります。





1日の中で最も長くいるリビングですが、すっきり心地よく過ごせるように、季節ごとのインテリアを楽しんでいます。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。