今日は冷蔵庫の中を全て出して、掃除をしました。

取りはずせるケースなどはすべて洗って、すっきりしました。



冷蔵庫の中で100円ショップで購入した収納ケース(整理かご)を使っています。

それらも洗って、干して、すっきりしました。





我が家でよく使っているいる収納ケースはこちらです。



1)ダイソーの整理ケース

P1090859kur



冷蔵庫、食器棚の中などで使用しています。





2)セリア・キャンドゥの整理ケース


P1090857kur



洗面所の引き出しの中や文具用品の収納に使っています。

サイズも豊富で重宝しています。

もう少し幅が細いサイズも使っています。





3)セリアの蓋つき収納ボックス

P1050804kur



パソコン周辺グッズ、薬、季節ものの食器などの収納に使っています。





1)と2)のメッシュ(穴あき)のケースは、通気性がよいのと、中が隙間から見えるので、キッチンまわりなどの使用頻度の高いもの収納に使っています。

半目隠しになり、生活感が出にくいので、重宝しています。



3)の蓋つきのボックスは、使用頻度が低くて、埃などを寄せつけたくないものを収納するのに使っています。





今回は、1)と2)のメッシュ(穴あき)の収納ケースを使った収納についてです。

我が家で行っている「立てて収納するときに中のものが倒れにくくなる方法」を紹介したいと思います。



使っているのはこれです!



P1090860kur



クリップとゴムひもで作りました。

クリップは一般的に使われているサイズのものです。



P1090863kur



私はゴムひもで輪っかをつくってから、クリップに結んでいます。

直接、クリップにゴムひもを通したり、結んでもOKです。



P1090864kur



先ほどのゴムひもを、上の写真のように、収納ケースの穴に通します。



P1090868kur



クリップでゴムひもが留まります。





便利なのは、収納するものにあわせて、位置や高さを変えることができるところです。



P1090870kur



低い位置に取り付けたり、



P1090871kur



同じ位置に高さを変えて取り付けて、さらに倒れにくくすることができます。





我が家では、例えば、このように使っています。



P1090894kur



冷蔵庫で使っている収納ケースです。

このケースには、その週のうちに食べるものを入れています。

お鍋に入れるうどんですが・・・

横に寝かせると場所をとるので、立てて収納をしています。

いつも購入するものが、だいたい決まっているので、ゴムひもは固定をしています。

このスペースにうどんを収納するときも、ゴムひもを少し引っ張りながら入れることができるので、使いやすいです。





セリアやキャンドゥで購入できる収納ケースでも同じようにできます。



P1090876kur



この収納ケースのよい点は、縦と横の両方に仕切れるところです!



P1090879kur



P1090883kur



円形の穴でも、クリップはしっかり固定されます。





輪ゴムでも試してみました。



P1090887kur



P1090891kur



ピンとゴムが張るので、2本をつないだ方がよいかもしれません。





100円ショップの収納ケース(整理かご)の我が家の使い方を紹介しました。

収納するものが決まっている場合は、直接、収納ケースの穴に、ゴムひもを通しておいてもよいと思います。

ひもと違って、ゴムひもなら伸び縮みがあるので、出し入れもしやすいです。



そろそろ年末にむけて、片付けを始めていらっしゃる方もいるのではないかと思います。

私もその中のひとりです。

この記事がどなたかのお役にたてると嬉しいです。





【関連記事】

『●冷蔵庫収納● 食費管理と掃除を考えて、冷蔵庫収納で気をつけていること』の画像

↑ 





今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



ブログランキングに参加をしています。

皆様の応援が励みになっています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
片付け・収納(個人)


人気ブログランキング
シンプルライフ



このブログの更新通知がLINEに届きます。