朝晩が肌寒くなり、肌の乾燥が気になるようになりました。



突然なのですが、我が家には温度計も湿度計もないんです。

気温はテレビやインターネットの天気予報で確認をするくらいです。

だから、実際に、部屋の中の気温が分からないまま生活をしています。

夏は、暑ければエアコンの冷房をつけて、ムシムシするようならエアコンを除湿に設定していました。



湿度も同様に、分からないまま生活をしています。

特に、湿度はカビやダニの発生にも影響をするので気をつけたいものです。





この家に住み始めて4年目ですが、やっと、温湿度計を購入しました。



P1090128kur



真っ白でシンプルンなデザインが気に入って購入をしました。



P1090190kur



温度計と湿度計がひとつになっているので、コンパクトで便利です!



P1090186kur



セリアで購入をしました。

リビングルームのインテリアにもピッタリでした。



P1090179kur



壁に掛けることができますが、なるべく壁には穴をあけたくないので、机の上に置きました。





厚生労働省の「建築物環境衛生管理基準」では、

居室の空気環境の基準が示されています。


湿度(1) 17℃以上28℃以下
(2) 居室における温度を外気の温度より低くする場合は、その差を著しくしないこと。
相対湿度 40%以上70%以下

厚生労働省「建築物環境衛生管理基準について」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei10/





室内の湿度が60%以上になると、カビの発生しやすくなります。

さらに、湿度が70%以上で、気温が20℃以上になると、ダニが発生しやすくなります。



湿度が50%以下になってくると、肌の乾燥、ドライアイなどの症状があらわれはじめます。

また、のどが乾燥して、風邪をひきやすくなってきます。



温湿度計で室内の空気環境を確認して、適温、適湿の環境で過ごせるように心がけ、健康管理をしていきたいと思います。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



ブログランキングに参加をしています。

皆様の応援が励みになっています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
シンプルライフ


人気ブログランキング
シンプルライフ



このブログの更新通知がLINEに届きます。