中秋の名月を過ぎ、さらに秋らしい気候になってきました。

そして、秋と言えば・・・

食べ物も美味しい季節ですが、秋の夜長の読書も楽しみのひとつです。



今回は、我が家の書籍の収納場所などに関することについてまとめたいと思います。





◆ 書籍の所有について ◆


私も夫も読書は好きですし、仕事関係の書籍も多いので、2人暮らしにしては本は多いほうではないかと思います。

(この後、所有している書籍の写真があります。)

図書館にもよく行きますが、図書館では我が家ではほとんど購入しない雑誌などを読みます。

小説などの読み物や専門書は、時間を気にせずに好きな時間にゆっくり読めるように購入しています。

1か月に1人1~2冊購入しても、夫婦2人だと年間30~40冊ずつ書籍が増えていきます。





◆ 書籍の収納場所について ◆

我が家には、壁面を利用した本棚があります。

約3畳ほどの広さの部屋ですが、入り口をはさんで左右に天井から床まで本棚があります。



P1080469kur

( ↑ 入り口から入って右側)



IMG_5443kur

( ↑ 入り口から入って正面)

プリンターを置いていて、印刷をするときは、この部屋を使っています。



P1080453kur

( ↑ 入り口から入って左側)

すでにかなり本があります。



この部屋は、以前住んでいた方が、ご夫婦が本が好きで、書庫としてつくった部屋です。

部屋の中央にも、スチールの棚がありましたが、ワークスペースとして使用できるように撤去しました。



私も夫も本が好きなので、この部屋のおかげで、書籍を収納するのに助かっています。

この部屋の壁面がいっぱいになるほどの本は所有していないので、空いたスペースの一部に額に入れた写真などを飾っています。





◆ 書籍の収納方法について ◆


書籍の収納の際に、気をつけていることが3つあります。



1)必要な書籍を探しやすい

それぞれが収納する場所は分けています。

さらに、小説などの読み物と仕事用の書籍や専門書は分けています。

私は、料理本と手芸本、その他の園芸書などと分けています。



2)書籍を収納したときに、見た目が美しい

1)で分けた後は、可動式の棚なので、高さをそろえて収納しています。

その棚に収納できるスペースがあっても、高さを優先しています。



3)埃がたまりにくく、掃除がしやすい



P1080460kur



2)で高さで分けた書籍は、手前をそろえて置くようにしています。

後ろにスペースがありますが、手前がそろっていると、書籍を収納したときにきれいに見えます。

また、埃が本棚にたまりにくくなります。





◆ 書籍を大切にする ◆


読んでいる本には、ブックカバーをしています。



P1080482kur

( ↑ 夫のブックカバー)



バッグの中に入れていても本が傷みにくいし、万が一、水などがこぼれても本を守ることができます。

また、読みかけの本を部屋に置いていても生活感がなくおしゃれに見えます。



P1080483kur

( ↑ 私のブックカバー)



よく購入する本のサイズのブックカバーをそろえています。

ブックカバーは本棚のある部屋(書庫)に置いていて、読む本にカバーをかけるようにしています。





◆ 読書をする場所の書籍置き場 ◆

リビングルームで読書をすることが多いです。

最近は、マッサージチェアに座って、本を読むことも増えてきました。



リビングルームのテレビ台の下に、私と夫のノートパソコンと読みかけの本を収納するスペースをつくっています。

(下の写真のカーテンの中)



P1070917kur



だから、リビングルームの机の上などに、読みかけの本が置きっぱなしになっていることはありません。



夫は同時進行で数冊の本を読みます。

食後にリビングルームで読む本と就寝前にベッドルームで読む本は違っています。

また、出勤のときにバッグの中に入れている本も別です。



夫は就寝前に読書をしますが、サイドテーブルは小さくて、メガネとスマートフォンを置くと本を置く場所がありません。

そこで、ベッドの下に読みかけの本を収納する場所をつくりました。



P1080473kur



ベッドの下が空いているので、ワイヤーのかごを取り付けました。



P1080476kur



ベッドのワイヤーに引掛けているだけです。



P1030830kur



食器棚で使っているものと同じかごを取り付けました。

ダイソーで購入したものです。

食器棚では白色を使っていますが、ベッドの下では茶色を使っています。

床置きではないので、掃除のときも楽です!





私も夫も読書が好きなので、注意をしていないと、書籍が増えて、収納場所や読みかけの本の置き場所が乱雑になりそうです。

現在のところ、お互いに納得したルールで、大好きな読書を楽しんでいます。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。