毎月やってくるイライラと腹痛・腰痛・頭痛と・・・

そして、下痢の症状。

(ごめんなさい。あまりきれいなお話ではなくて。)



中学生のころから、毎月、この症状に悩まされ、30年以上が過ぎました。

病院で痛み止めをもらったり、旅行の前などは逆算をしてピルを飲んだりしていたころもありました。



「そんな症状はまったくないわ~」

と話していた友人がいましたが、うらやましい限りです。





生理前や生理中は、軽い運動をしたり、カフェインやアルコールを控えたり、症状の改善につながることは心がけています。

生理中は体を冷やさないようにしています。

冬の終わりには、毎年、カイロをまとめ買いして、生理中は夏でもお腹と腰にはカイロを貼っています。

夏でも生理中は、体が温まるようなものを食べたり、飲んだりしています。





30年以上こんな症状とつきあってきて、自分のなかで少しずつ快適に過ごせる方法をみつけてきました。



我慢をしないで、夫にはさりげなく症状を伝えます。

「今日は怠いんだけど・・・」

「今日は頭が痛いんだけど・・・」

「今日は腰痛がひどいんだけど・・・」



小学生のときに一度インフルエンザにかかって以来、風邪もひかず、学校も仕事も休んだことがないくらい健康な私です。

だから、夫は私が不調を訴えると、状況を察してくれます。



食事の準備も手を抜きます。

掃除も洗濯も手を抜きます。

そんな日もあります。





20代後半から30代前半、任される仕事が増えて楽しくなり、無理をするようになって、生理が不規則になった時期がありました。

そのころから、婦人体温計を使って基礎体温を毎朝測るようになりました。



P1080294kur



もう14年使っている婦人体温計です。

210日分のデータを保存出来て、いろいろなメモも残すことができます。

(現在も同じものが販売されていています。)



目覚まし機能があるので、目覚まし時計がわりに使っています。

ベッドの横のテーブルに置いているので、目が覚めたら体温を測定しています。

(体温を測定したら、自動で記録をしてくれます。)



不規則な生活で多少生理が前後しても、体温の変化で自分の体調を把握することができるので助かっています。

お出かけのときも、心の準備ができます!





生理で体調がすぐれない・・・なんて、職場では絶対に言えなかった私。

トイレに3~4時間行くことができなかったこともよくあり、本当にしんどかったです。

今思えば、言いにくいけど、誰か伝えればもう少し楽に過ごせたかも・・・

トイレには行くことができたのでは・・・

なんて思うことがあります。





そろそろ更年期をむかえ、あと何年おつきあいをするのだろう・・・

と思うことがあります。

あともう少し?!

怠いとき、しんどいときは、無理をせず過ごしたいと思います。



ときには手抜きも必要!

毎日、完璧に家事はできなくてもいいかなぁ・・・

と思っています。



今日の夕飯は、

昨日の残りのカレーと冷蔵庫にあるコールスローにしようかなぁ・・・

後片付けは、夫にお願いをしよう・・・



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。



皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。