2016年の9月にニトリのこたつ「タナコタ」(棚付きこたつ)を購入しました。

「タナコタ」を使って、ちょうど2年になります。

2016年にお店に入荷された9月に、すぐ購入しました!



P1020981kur





実は2015年に購入を迷っていたら、売り切れてしまって・・・

1年待って、やっと購入しました。

この年は、現在販売されている「タナコタ」と天然木のタナコタがありました。





ニトリの「タナコタ」を2年間使ってみてのおすすめポイントをまとめたいと思います。





◆「タナコタ」のおすすめポイント◆



<おすすめポイント1>

デザインがおしゃれで、こたつとしても、テーブルとしても1年中使用できる!



こたつを使用しない期間、こたつを収納することになると、かなりのスペースをとることになります。

しかし、タナコタはこたつとして使用していないときは、おしゃれなテーブルとして使用できます。

タナコタの棚は、こたつとして使用するときは天板の下に収納でき、テーブルとして使用するときは棚が大活躍しています!



テーブルとして使用するときは、こたつのコードは、タナコタの中に収納できます。



P1060330kur





<おすすめポイント2>

コンパクトサイズなので、ソファの前に置いても圧迫感がない!




タナコタのサイズは、

幅105cm、

奥行53cm、

高さ38cm

と比較的コンパクトです。

奥行が短いので、ソファの前においても邪魔になりません。



P1040532kur





<おすすめポイント3>

他の家具に合わせて、色を選ぶことができる!



我が家が購入したのは、ミドルブラウンです。

我が家は、ドアや床などがミドルブラウンなので、家具もミドルブラウンのものを購入しています。

タナコタも他の家具になじんでいます。



昨年(2017)は、ミドルブラウン、ライトブラウン、ホワイトウォッシュの3色がありましたが、今年(2018)は、ミドルブラウン、ライトブラウンの2色のようです。





<おすすめポイント4>

タナコタ専用こたつ掛布団を購入しなくてもシングルサイズの掛布団がピッタリ!



タナコタは細長い長方形なので、一般的には少ないサイズではないかと思います。

(タナコタのサイズ 幅105×奥行53×高さ38cm)

だから、こたつ布団の心配をしました。



ニトリには「タナコタ」専用のこたつ掛布団が1種類ありますが、交換カバーはないようです。

こたつ掛布団の選択肢が少ないのがネックになっていました。

しかし、シングルサイズの掛布団がピッタリでした。



タナコタ専用こたつ掛布団(ブレイク)のサイズ

170cm×220cm

シングルサイズ掛布団のサイズ

150cm×210cm



シングルサイズの掛布団はひとまわりコンパクトですが、部屋がすっきりして見えます。

シングルサイズの掛布団だと、さまざまなカバーを選ぶことができるので、インテリアの幅もひろがります!



我が家のタナコタの写真(最初の写真)のこたつ掛布団は、シングルサイズの掛布団です。

毛布生地のカバーをかけています。





<おすすめポイント5>

お手入れが簡単で、傷にも強い!



UV塗装がしてあるので、水拭きできれいになります。

傷にも強いので、お子さんがいらっしゃる家庭でも安心して使用できます。



P1060334kur





「タナコタ」を2年間使ってみて、デザインに優れ、機能も十分なので、買ってよかったと思っています。

こたつの購入を検討されている方の参考になると嬉しいです。




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。