部屋の中で生活感がでるものといえば、リモコンやティッシュペーパーです。

家族みんなが使うリモコンなどは、使いたいときにすぐに使えるようにしておくことが大切です。

だからといって、リモコンなどをテーブルの上に置いておくと、使わないときは邪魔になるし、生活感があります。

すっきりとした部屋、生活感のない部屋を目指している我が家の収納方法についてまとめたいと思います。





◆ リビングルーム ◆

リビングルームには、リモコン、固定電話、ティッシュペーパーなど生活感のあるものがたくさんあります。

これらを生活感を消しながら、定位置に片づけて、家族が使いたいときにすぐに使えるように収納しておきたいものです。



P1070954kur



リビングルームのリモコンは、かごの中に入れています。

リモコンは、テレビ用、エアコン用、ライト用の3つです。



P1070949kur



リモコンを使うときは、テーブルの上にかごを出していても、かごがリビングルームのインテリアになじんでいるので生活感がありません。



P1040554kur



リモコンを使わないときは、テーブルの棚の上に、かごを収納しています。





固定電話はリビングルームのデスクの上に置いています。



P1020849kur



右端のクロスをかけているのが固定電話です。

部屋の雰囲気になじむように生成のレースのクロスをかけています。





ティッシュペーパーもこのデスクに収納しています。



IMG_5475kur



ティッシュボックスにカバーをかけて、



IMG_5473kur



デスク裏の隙間に、突っ張り棒で収納しています。

使いたいときは、そのままティッシュペーパーを1枚だけ取り出せるし、箱ごと取り出すこともできます。





◆ ベッドルーム ◆

P1030412kur



ベッドルームのサイドテーブルに、引き出しはありません。



P1070932kur



リモコンはサイドテーブルの上に置くようになりますが、生活感があります。



P1070929kur



リモコンを使わないときは、レースのクロスをかけて隠しています。



以前は、電話の子機も充電器から外して、リモコンと並べて置いてクロスをかけていました。

しかし、電話はいざというときのために、常に充電ができていて、すぐに取れなければならないので、このままになりました。





◆ 和室 ◆

和室にも電話の子機とエアコンのリモコンがあります。



P1040974kur



和室ではゆっくり安らぐことができるように、生活感のない部屋を目指しています。



P1070945kur



電話の子機とリモコンは、飾り棚の引き出しの中に収納しています。

和室で電話の子機を使うのは、来客があるときぐらいなので、この場所にしました。





家族みんなが使用するリモコンなどは、かごに入れて収納したり、クロスをかけたりすることで生活感を消すことができます。

使いやすくて片づけやすいように定位置を決めておくことも、部屋がすっきりするコツだと思います。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。