本日の夫のお弁当です。



P1060823kur



毎日、同じようなメニューが続いていますが・・・



P1060824kur



今日のお弁当の枝豆ご飯は、昨日のテレビ番組に影響されて、早速、作りました。





8月7日に放送された「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」(テレビ朝日)を視聴しました。

その中で「枝豆」に含まれる成分やその効果、調理のポイントについて話がありました。



<枝豆に含まれる成分とその効果>

1)コリン、オルニチン

・脂肪燃焼効果

・脂肪をつきにくくする

※ 皮つきで約120gを、2~3日に1回食べるとよい。



2)コリン、メチオニン

・肝臓の働きをよくする



3)大豆イソフラボン

・傷んだ肌を改善

・シミの原因を抑える





<調理のポイントについて>


1)ゆでると栄養成分が流れ出てしまうので、フライパンに少しお水を入れて、5分ほど蒸し焼きにするのがよい。

電子レンジは、成分が壊れてしまう場合があるので、おすすめは蒸し焼き!



2)冷凍の枝豆は、自然解凍がOKなものは、自然解凍をするのがよい。

最近の冷凍技術は進んでいるので、冷凍の枝豆でも栄養成分は維持されている。



3)枝豆をすぐに食べなときは、そのまま置いておくより、すぐにゆでて冷凍するのがよい。





我が家はビールのおつまみには、枝豆を食べることが多く、冷凍の枝豆を購入しています。

ピクニックのときに、保存容器に冷凍のままの枝豆を入れて、保冷材がわりに使うこともあります。

お弁当を詰めたときの隙間にも、冷凍の枝豆を詰めて、保冷材がわりに・・・





アメリカで生活をしていたときも、冷凍の枝豆をよく買っていました。

日系のスーパーではなくて、現地のスーパーでも「EDAMAME」と書かれたパッケージで売られています。

「SUSHI(寿司)」や「SUKIYAKI(すき焼き)」と同じで、すっかりアメリカの食文化にとけこんでいます。

日本で売られているような袋詰めのものもありますが、スナック菓子のような冷凍用の紙パックに入っていて、電子レンジで温めて、そのまま食べることができる商品もありました。

アメリカでは、ソルトだけより、枝豆もソルト&ペッパーが人気のようです!





女性にとっては、脂肪がつきにくく、お肌の改善にもよいと言われれば、食べない手はないですよね。

番組で枝豆を使った料理もいろいと紹介をしてくれたので、試してみたいです。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。