我が家のキッチン・ダイニングルームですが、2面に戸があり、もう1面は窓、残りの1面はキッチン(流し・コンロ)があります。



P1030055kur



食器棚の置き場所に悩みましたが、廊下側から入った時に、部屋が少しでも広く見えるように、



P1050789kur



手前に背の高い食器棚、奥に背の低いキッチンカウンターを置きました。

最初は、逆に置いていましたが、食器棚の後ろに、リビングルームへの出入り口の引き戸が隠れるので、今のように入れ替えました。





食器棚ですが、正面から見ると、こんな感じです。



P1050779kur



食器棚は、キッチンカウンターと同じシリーズのものです。





食器棚の上段の収納については、以前、記事にしています。

もし、お時間がありましたら読んでいただけると嬉しいです!



『●食器棚の収納● 種類別に収納し、すっきり、出し入れしやすく!』の画像

↑ 上の写真をクリックすると

「●食器棚の収納● 種類別に収納し、すっきり、出し入れしやすく!」

の記事を読むことができます。





食器棚の上段は、こんな感じで収納しています。



P1030495kur



P1030491kur



洋食器と和食器に分けて、収納しています。





下段は、ケースやかごに入れて収納しています。



<食器棚の下段左側>

P1050794kur



以前は、食器は何でも5客セットで購入していました。

普段は夫と2人なので、2客だけを吊り戸棚に置いて、残りはここにしまっています。

(普段使う食器は、出し入れしやすい吊り戸棚に置いています。)

小皿や小鉢は上の棚、大皿やどんぶりは下の棚に置いています。



上の棚はダイソーのかごを使っています。





<食器棚の下段右側>

P1050796kur



上の棚は季節ものの食器をしまっています。

鍋用のとんすいやレンゲ、薬味入れなどのセットや季節の絵が描いてある食器などです。

こちらも、上の棚はダイソーのかごを使っています。



下の棚は来客用の食器です。



P1050805kur



ふた付きの湯呑、



P1050809kur



有田焼の茶碗、

その他にも、ふた付きの汁椀などを入れています。



P1050804kur



下の棚はセリアのふた付きケースを使っています。





P1050800kur



食器棚の下段は、すべてさらし木綿をかけています。

季節ものの食器などは、使用しない期間は戸の開閉で埃が舞うことがあるので、さらしをかけています。

実家は、夏や冬には一度に20人以上が集まります。

みんなが集まった時に使う食器は、運びやすいように木製のもろぶたに入れて、さらしをかけてしまっていました。

小さいころから見てきた祖母や母と同じようにしています。





食来客用の食器についても、いろいろと考えました。

ふた付きの湯呑を使うのは、目上の方が来られたときぐらいでしょうか。

来客用の食器の中には、かなり使用頻度が低いものがあります。



ただ、我が家も多い時には、一度に12人をお迎えしたことがあります。

そんな時には、ある程度の数が必要で・・・



自分の中で、食器についてのルールを決めました。

この食器棚に収納できる数だけの食器は、持っていてもよいことにしました。

そして、普段、使えるものは、どんどん使うことにしました。





来客用の食器もすぐに取り出せるようにケースに収納しているので、使いたいときにすぐに使うことができます。

5客セットの食器も2客だけを出して使っていますが、同じ食器を2つ使いたい場合や急な来客のときもすぐに取り出すことができます。

来客用の食器もしまい込んでしまわず、いつも目につくところで、すぐに使える場所に収納しておくとよいと思います。

食器が取り出しにくいと、どんどん使用頻度が少なくなっていきます。

購入した時の箱のままではなく、取り出しやすいケースやかごにいれて収納しておくと、いざというときにもすぐに使えるので便利です。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。