家具の配置換えで、ときどき困るのがコンセントの位置。

とくに我が家のように築25年を超えてくると、テレビの配置に悩むお宅も多いのでは・・・



ブラウン管テレビが主流だったころは、テレビアンテナの位置が部屋のコーナーにある場合が多いと思います。

しかし、現在のように、フラットなテレビが主流になってくると、壁に取り付けたり、壁際に配置する場合が増えたのではないかと思います。





P1040532kur



我が家のリビングですが、この写真のエアコンの下のコーナーにテレビアンテナのケーブルの配線があります。

しかし、ソファーをこの位置に配置したので、テレビはソファーの正面に置くことにしました。

壁1枚半の長さのテレビアンテナのケーブルを、部屋の中にはわせることになります。





そこで使ったのが、電気コードカバーです。



P1050514kur



床にある茶色のカバーにテレビアンテナのケーブルを入れて、部屋の隅をはわせています。

床の上に置いているだけで、固定も接着もしていません。

掃除のときには、持ち上げて掃除ができます。



壁に取り付けてある白い電気コードカバーは、エアコンの設置の際に、工事の方が取り付けてくれました。



P1050524kur



さらに、テレビアンテナのケーブルをはわせている途中には、電話線やネット回線もあり、途中でケーブルと合流させています。





P1050516kur



そして、コンセントは長めのカーテンを取り付けているので、隠れて見えません。





P1050528kur



和室のエアコンも、後から設置をしました。



P1050529kur



壁のコーナーの木材の部分に、電気コードカバーを取り付けています。

少し離れたところから見ると、ほとんど気が付きません。



電気コードのカバーは、ホームセンターで購入しました。

茶色はウッド調のデザインのものもあります。

白色は壁紙の素材がコーティングされているものもあります。





P1050373kur



洗面所も洗濯機のコードとアースがバラバラとしているのが気になるので、



P1050531kur



こちらは100円ショップのカバーでまとめました。





部屋の中を電気コードをはわせても、すっきりと目立たないように隠すことができます。

コンセントの位置やテレビアンテナの位置で、部屋の模様替えを悩まれている方や諦めている方の参考になると嬉しいです。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。



皆様の応援が励みになっています。



このブログの更新通知がLINEに届きます。