家電にはそれぞれ寿命がありますが、日々の掃除やお手入れをして、長持ちをさせたいと思っています。

キッチン家電は使用した時に汚れたら、汚れがこびりつく前に掃除をするようにしています。

その日の汚れは、その日のうちに落とすようにするように心がけています。



しかし、じわじわと汚れてくるのが、電気ケトルの中。



<Before>

P1050454kur



電気ケトルは、1日2~3回の使用で、1か月ほど経過すると、ケトル内に茶色い汚れが・・・

普段、お水を入れるあたりと、底の部分に汚れが目立ち始めます。

体に有害な物質ではないものの、茶色い汚れがついたケトルを使用しているのは、あまり気持ちがよいものではありません。



電気ケトルのお手入れですが、クエン酸を使う方法もありますが、我が家では酢を使っています。





◆ 酢を使って電気ケトルを手入れする方法 ◆

<手順1>

P1050455kur



電気ケトルに水を入れ、酢を入れる。

水はMAXのラインまで入れる。

酢は1Lの水に対して、大さじ1杯ほどを入れます。





<手順2>

P1050471kur



沸騰をさせた後、10分ほどそのままにしておきます。

汚れがひどい場合は、30分~1時間ほど。





<手順3>

お湯をすてて、しっかりと水ですすぎます。

酢のにおいが気になるようであれば、水をいれてお湯を沸かしてから、水ですすぎます。



★ このとき、酢をいれて沸かしたお湯を捨ててしまうのはもったいないので、シンクの掃除や排水溝の掃除に使っています。





<After>

P1050476kur



ゴシゴシこすらなくても、ピカピカになります。

スポンジ等でこすらないので、ケトル内部に小傷がつくこともありません。





もう一度!



kettle BA



やはり、真っ白になると気持ちがいいですね。





我が家では1か月に1回ほど、酢で洗浄をしています。

白いケトルなので、よい意味でも悪い意味でも汚れが分かりやすいので、定期的にお手入れをしています。

キッチン家電は、定期的にお手入れや掃除をして、きれいな状態で使用していきたいです。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。





↑ 上の写真をクリックしていただくと、ブログ村のランキングポイントが入ります。

ブログ村に登録をされていない方も、クリックしていただくことができます。

また、ブログ村に登録されているたくさんのブログを見ることができます。




皆様の応援が励みになっています。




このブログの更新通知がLINEに届きます。